»公式Twitter開設しました

    【福岡市バージョン】あなたは賃貸派?それとも持ち家派?ざっくり紹介します

    • URLをコピーしました!

    こんにちは。たそがれパパです。

    もう梅雨入りしましたね。すぐに夏がやってきて蒸し暑い季節がやってきます。

    みなさん熱中症対策バッチリでお願いしますね。

    さて、今回は「あなたは賃貸派か持ち家派か」福岡市バージョンでざっくりですがご紹介します。

    双方にメリットとデメリットがあるので、ご自身に合った生活スタイルを選ぶ上で参考にしていただければと思います。

    目次

    福岡市は現在も人口増加している

    総務省が2021年6月に発表した第21回の国勢調査において、全国20ある政令指定都市の中で「人口増加数」「人口増加率」が共に1位でした。

    2015年 1,538,681人

    2020年 1,613,361人(+74,680人 増加率4.9%)

    ちなみに

    2022年6月1日現在はというと…

    1,627,244人(男:767,368人、女:859,876人)とさらに増加しています。

    各区の内訳人数と家賃相場は以下のとおりとなっております。

    東区328,052人 3LDK 家賃相場  約8万円前後
    博多区254,317人 3LDK 家賃相場 約10万円前後
    中央区209,569人 3LDK 家賃相場 約16万円前後
    南区267,628人 3LDK 家賃相場 約10万円前後
    城南区133,110人 3LDK 家賃相場 約11万円前後
    早良区222,221人 3LDK 家賃相場 約12万円前後
    西区212,347人 3LDK 家賃相場 約10万円前後

    賃貸のメリット・デメリット

    気軽に引越すことができる

    固定資産税を支払う必要がない

    住宅ローンを気にしなくて良い

    ライフスタイルに合わせて間取りや住む場所を変えられる

    支払う家賃は資産として残らない

    駐車場が別料金であることが多い

    更新手数料がかかる

    高齢になる程借りにくくなる

    持ち家のメリット・デメリット

    自分の資産なので老後が安心

    住宅ローン完済後は固定費を抑えられる

    住宅ローン控除が受けられる

    比較的自由にリフォームができる

    固定資産税などの税金がかかる

    気軽に引越しができない

    戸建ての場合は修繕費がすべて自己負担

    火災保険料の負担がある

    どちらが得なのか

    結論から述べれば早いうちから「持ち家」を持った方が生涯支払額が少なくて済む傾向があります。

    しかし、賃貸においても家賃などの条件によっては、福岡の場合家賃が安いため、支払額以上に価値があるかもしれません。

    また、持ち家も「新築戸建」「中古住宅」「新築マンション」「中古マンション」で初期投資で支払う条件が異なります。

    福岡市民が選ぶ「福岡の住みたい街ランキング」※RKB調べ

     1位 博多
     2位 薬院 
     3位 西新
     4位 大濠公園
     5位 天神
     6位 姪浜
     7位 六本松
     8位 赤坂
     9位 千早
    10位 大橋

    まとめ

    全てにおいて、メリット・デメリットがありますので、ご自身できちんと見極めて信頼できる方に相談するなどして決断してください。

    福岡市は特別区・政令指定都市の中でマンション化率が東京23区に次いで2位となっているほどマンションが多い都市となっています。市街地に住みたい方は中古マンション、郊外に住みたい方は新築マンションか建売マンションをおすすめします(あくまで個人的意見です)。

    • URLをコピーしました!
    目次